振り返りの医学部受験

何年か前に息子が医学部受験を経験しました。受験中は何がなんだかわかりませんでしたが、今だからこそ「ああなるほどなあ」と思うところがあります。

お疲れ様&息子への激励メール

国公立前期試験受験のみなさん。
受験一日目お疲れ様でした。


明日(暦の上では今日)は、小論文・面接ですね。
今からできることは少ないでしょうから、気持ちを整えることに注力してはどうでしょうか。


また、一日目の学科試験ではかなり疲れたでしょうから、早めに休んでできるだけ疲れを取るようにしてください。


というか、早めに休んだ人はこの記事を見るのは二日目に起きた後ですよね。笑



大学受験も佳境ですが、医学部の学年末試験も佳境です。


金曜日の夜、息子から自宅に電話があったようです。
試験のできが今一なのと、食事があまりとれていないとのことでした。


家内も心配していたので、土曜の朝、私から息子にメールをしました。
そのメールが下記です。



***
タイトル:食べるものはしっかり食べてください


○○くんへ。
父さんです。


学年末試験なかなか大変らしいね。母さんから聞きました。


今は目の前の試験科目対策に集中して、取りこぼしのないように注力してください。
この土日は、月と火向けの対策の時間配分に気をつけてね。


これまで受けてきた科目が追試にかかるかどうかは、結果が出てみないと何とも言えないわけだから、今は目の前のことに集中してください。


仮に1科目ぐらい追試にかかったとしても、その1科目に最大限集中すれば何とかなるものだよ。


○○くんは、どうしても留年したくないという気持ちなのはよくわかっています。
君の目標が達成できることを祈っています。


もし留年したら父さんや母さんに申し訳ないと母さんに言ったらしいけど、父さんは、君がいつも頑張っていることを十分わかっています。


父さんや母さんのことは全く気にせずに、自分のためだけに精一杯やってください。


君のおじちゃんは、医学部生時代、追試のオンパレードだったことは君も聞いているでしょ。
それでもストレートで卒業し、今は立派な医者になっています。


最後まで諦めなければ何とかなるものです。
ダメだと思い込んでしまった時に本当にダメになってしまうからね。


来週末、久しぶりに君の顔を見られることを楽しみにしています。
一緒に旨いものでも食べたいね。
***



息子にこんなに長い応援メッセージを送るのは、彼が大学受験をしていたとき以来です。

受験システムの多様化がもたらすもの

ここ数年を見るだけでも、受験システムの多様化が見られます。


国公私立の一般枠に始まり、推薦、地域枠、診療科目枠、センター利用、センター併用、国際枠等様々なパターンが生まれています。



まず言えるのは、受験可能なパターンが増えたことで、受験生一人当たりの総額受験料が増えたことです。

1校に出願した場合もいくつかのパターンで申し込むとそれだけ費用がかかります。


センター利用の場合は大学にそれほど負担がかからないはずですが、それでも何万円かは要します。


併用の場合は、やはり大学特有の試験を受けるので一見大学に手間がかかっているように見えますが、併用の出願者は別に一般でも出願していることがほとんどですから、やはり大学に特別の負担はかかっていません。


一般の合否と併用の合否は近似すると思います。

従ってさほど出願の意味がありません。


センター利用は9割以上取れる自信のある受験生が出願すべきものです。

そして、9割取れるなら国公立に合格する可能性が高いと言えます。


ということは、少なくともセンター利用・併用は一部の受験生の安心材料とはなりますが、進学先の決め手とはならないと言えるでしょう。


受験料は大学の資金源の一つです。

消費者としては冷静に選択したいものです。



とはいえ、受験システムの多様化によって、試験の一発勝負性が緩和され、また、経済的に恵まれていない受験生のチャンスが多少アップしていることは否定できません。


他方、多様な受験パターンがあることから、数打ちゃ当たる式が妥当するように錯覚する嫌いがありますが、事情は全く逆です。


合格できる力があるのに一度のチャンスをものにできなかった受験生にやさしいだけてあり、数打ちゃ当たる式の受験生にはより一層まぐれはなくなったと言うべきでしょう。

国公立前期のために前泊する受験生へ

いよいよ前期試験ですね。


受験生の皆さんがこれまで積み上げてこられたことが、試験本番で十分出し切れることを心の底から祈っています。


さて。

前期試験のためにホテルに前泊する人も多いと思います。


気づいたことを少しばかり。


ホテルの部屋に蛍光灯や加湿器があるかについて確認しておいた方がいいですね。


もし備え付けられていないのであれば、事前に予約しておいた方がいいです。

宿泊する受験生が多いでしょうから、チェックインが遅いと既に貸し出し済みということもあります。


暖房をつける場合は是非加湿器を確保してください。

当日朝になって喉が痛くなったというのでは洒落になりません。

それに、適度な湿度が確保できていると喉が乾いて夜中に目が覚めることが少ないですね。



それから、試験当日の朝食・昼食の確保ですね。


朝食については、サービス開始時間が出発時間との関係で間に合うかの確認。


また、席の予約ができるようなら早めにしておくとよいです。

予約制でなければある程度早めに行けば座れるでしょうが、予約制をとっていると当日朝の段階でかなりの席が予約済みになってしまっている場合があるからです。



次に目覚まし。

2つ以上の方法を確保しておきましょう。



それから、当日の試験会場までの交通手段を2つ以上確保しておきましょう。

歩いて行ける距離の場合は不要ですね。



全ての受験生、頑張れ!